研究社 WebShop
新刊近刊ジャンル50音掲載書目リスト雑誌研究社TOP
詳細検索


 
『英和翻訳基本辞典』

翻訳は常に「基本=原文通り」。

宮脇孝雄

ISBN 978-4-7674-3473-5 C3582
定価3,024円(本体2,800円+税)
四六判 並製 496頁
刊行年 2012年12月
NDCコード 833

 誤訳をしないためにどんなことが必要か?
  ベテラン翻訳者が、誤訳を防ぐために、あるいは発見するためにしなければならないことを、
 数多くの実例をあげながら丁寧に解説。
  『翻訳の基本』『続翻訳の基本』の著者による、翻訳者必携の「英和翻訳基本辞典」、ついに完成!


<著者紹介>
宮脇孝雄(みやわき たかお) 1954年高知県生まれ。翻訳家、随筆家、文芸評論家。ユニカレッジ講師、専修大学非常勤講師。早稲田大学政治経済学部在学中より翻訳活動を始める。料理に関する随筆も多い。著書に『書斎の旅人−イギリス・ミステリ歴史散歩』(1991年、早川書房)、『翻訳家の書斎−<想像力>が働く仕事場』(1997年、研究社)、『翻訳の基本−−原文どおりに日本語に』(2000年、研究社)など、訳書にイアン・マキューアン『最初の恋、最後の儀式』(早川書房、1999年)、ダグラス・プレストン、リンカーン・チャイルド『海賊オッカムの至宝』(講談社、2000年)、ウィリアム・J.パーマー『文豪ディケンズと倒錯の館』 (新潮文庫、2001年)、ドロシー・L・セイヤーズ『顔のない男―ピーター卿の事件簿〈2〉』 (創元推理文庫、2001年)、パトリック・マグラア『愛という名の病』(河出書房新社、2003年)、ジョン・ダニング『失われし書庫』(ハヤカワ文庫、2004年)、パトリシア・ハイスミス『回転する世界の静止点−初期短篇集1938-1949』(河出書房新社、2005年)、 マシュー・ニール『英国紳士、エデンへ行く』(早川書房、2007年)ほか多数。

重版等で価格が変更になる場合があります。