研究社 WebShop
新刊近刊ジャンル50音掲載書目リスト雑誌研究社TOP
詳細検索


 
ネイティブスピーカーシリーズ
『ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力』

英語という言葉のもつ単純な仕組みをつかもう!

大西泰斗ポール・マクベイ

ISBN 978-4-327-45192-9 C1082
定価1,620円(本体1,500円+税)
四六判 並製 202頁
刊行年 2005年11月
NDCコード 835

【関連商品】ネイティブスピーカーの英文法 12 ネイティブスピーカーの前置詞3 ネイティブスピーカーの英語感覚ネイティブスピーカーの英会話ネイティブスピーカーの英会話 CDネイティブスピーカーの単語力1 基本動詞ネイティブスピーカーの単語力2 動詞トップギアネイティブスピーカーの単語力2 動詞トップギア CDネイティブスピーカーの単語力3 形容詞の感覚

 本書は、他の文法書とまったく異なった新しいコンセプトで貫かれています。それは英語を学ぶ人誰もが必要とする「絶対の基礎」を解説することです。それを身につけてはじめてネイティブの英語に近づくことができます。とはいえ「絶対基礎力」にむずかしい内容はありません。覚える必要さえありません。英語の絶対基礎力は、誰もが簡単に理解できる「5つの原則」によって成り立っているからです。そしてこの単純な5つの原則から、みなさんが不思議に思ってきた数多くの文法事項が流れ出してきます。

著者紹介
大西泰斗(おおにし ひろと)東洋女子短期大学教授。
ポール・マクベイ( McVay, P. C) 麗澤大学助教授。
両者の共著に『ネイティブスピーカーの英文法』などがある。

Chapter 1 英文の骨格を決める配置感覚
 主語/BE動詞の意識/述語のなかみ(パターン1「力が及ぶ」ならV ■;パターン2「単なる動き」ならV;パターン3「手渡す」ならV ■■;パターン4「進む方向を示す」ならV ■ to...;パターン5「報告」ならV that...;パターン6「動的内容を展開」ならV to.../-ing)/ピボット(1) ピボットと並べる自由/ピボット(2) いわゆる知覚構文/ピボット(3) いわゆる使役構文

Chapter 2 骨格を変形する
 倒置は感情/疑問文基礎/疑問文のバリエーション(1) 否定疑問文/疑問文のバリエーション(2) 付加疑問文/疑問文のバリエーション(3) あいづち疑問/疑問文のバリエーション(4) WH疑問文/WH文/疑問文のバリエーション(5) 聞き返し疑問/感嘆文

Chapter 3 修飾する
 前は限定(1) 限定修飾/前は限定(2) 否定/前は限定(3) 限定詞/並べると説明(1) 説明修飾/並べると説明(2) 同格/並べると説明(3) WITH/穴埋め修飾(1) WH修飾基礎/穴埋め修飾(2) グラブ/穴埋め修飾(3) ジョイン

Chapter 4 「とき」をあらわす
 過去形の距離/現在形/現在完了形/過去完了形/進行形/「とき」は前後運動/「とき」の自由/未来表現/「とき」がない/丁寧表現/控えめな過去の助動詞/仮定法(1)/仮定法(2)

重版等で価格が変更になる場合があります。