研究社 WebShop
新刊近刊ジャンル50音掲載書目リスト雑誌研究社TOP
詳細検索


 
『英文ビジネスレターは40の構文ですべて書ける』

「英語社内公用語化」時代の“強い味方”

松崎久純

ISBN 978-4-327-43072-6 C1082
定価1,620円(本体1,500円+税)
A5判 並製 192頁
刊行年 2011年5月
NDCコード 836

 英文ビジネスレターは、決まった構文を使うことで用件はすべて正確に伝えることができます。逆に「オリジナリティ」を出そうとして独自の英作文をすることはかえって危険です。本書は5つに分類した40の構文を自在に使いこなせるように指導します。仕上がりイメージをつかむためのサンプル英文も複数例示しました。英語力が初級の方から十分に使えるよう工夫してあります。


<著者紹介>
松崎久純(まつざき・ひさずみ)
1967年生まれ。メーカー勤務を経て、現在、経済産業省所管社団法人中部産業連盟主任コンサルタント。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科非常勤講師。南カリフォルニア大学東アジア地域研究学部卒業、名古屋大学大学院経済学研究科修了。

国際事業、組織マネジメントなどの分野で、上場企業、中小企業におけるコンサルティング・研修講師の経験が豊富。25カ国100都市以上での業務経験がある。ビジネス英語では、「英文ビジネスレター・Eメールの書き方」の指導歴は長く、他にも製造現場や改善などにかかわる「ものづくりの英語」という分野をつくり上げた第一人者である。

著書に、『英文ビジネスレター&Eメールの正しい書き方』、『英文ビジネスEメールの正しい書き方(実践応用編)』、『英語で学ぶトヨタ生産方式――エッセンスとフレーズのすべて』、『音読でマスターするトヨタ生産方式――英語で話すTPSのエッセンス』、『究極の速読法――リーディングハニーR6つのステップ』(いずれも研究社)、『ものづくりの英語表現』(三修社)、『現場で役立つ英会話でトヨタ生産方式』(日刊工業新聞社)など、多数。海外翻訳版、DVDも数多くある。速読法リーディングハニーRの開発者・公認インストラクター指導者としても知られている。


第1章 読むだけで使いこなせる40構文
 ■基本の3構文
  (1) Please send …  「…を送ってください」
  (2) Thank you for …  「…をありがとうございます」
  (3) I have … / We have …  「…があります」「…がいます」
 ■書き出しに使う、組み立てに便利な8構文
  (4) Please find …  「(添付のファイルなど)をご覧ください」
  (5) Please confirm …  「…を確認してください」
  (6) Can you please …?  「…してください」
  (7) Is it possible to …?  「…することは可能でしょうか」
  (8) This is to …  「このレターは…です」
  (9) I would like to …  「…したいと思います」
  (10) I need …  「…が必要です」
  (11) regarding …  「…について(ですが)」
 ■文中でセンテンスを書きやすくする19構文
  (12) please note …  「…ですので、よろしくお願いします」
  (13) please advise …  「…をお教えください」
  (14) please be advised …  「…をお伝えします」
  (15) be happy to …  「喜んで…いたします」
  (16) suitable for …  「…に合う」「…に適した」
  (17) be interested in …  「…に興味がある」「…に関心がある」
  (18) one of …  「…のうちの1つ」
  (19) together with …  「…と一緒に」「…と合わせて」
  (20) details of … / details for …  「…の詳細」
  (21) refer to …  「…を参考にする」「…に言及する」
  (22) as soon as …  「…するとすぐに」
  (23) available  「利用できる」「入手できる」
  (24) sorry to … / sorry for …  「…で申し訳ありません」
  (25) depend on …  「…次第です」
  (26) if so, …  「もしそうなら…」
  (27) also  「…もまた」「さらに」
  (28) not only …, but also …  「AだけでなくBもまた」
  (29) be able to …  「…することができる」
  (30) I (would) appreciate it if you could …  「…していただけるとありがたいです」
 ■表現力を高める6構文
  (31) I did … and I …  「私は…しました。そして、私は…」
  (32) I did …, but I …  「私は…しました。しかし、私は…」
  (33) will be …  「…になるでしょう」
  (34) would be …  「…でしょう」「…であろう」
  (35) Would it be possible to …?  「…することはできますか」
  (36) ask 〜 to …  「〜に…するように頼む」
 ■結びに使う4構文
  (37) let me know  「教えてください」
  (38) I hope …  「…と望む」
  (39) Please do not hesitate to …  「遠慮せずに…してください」
  (40) look forward to …  「…を楽しみにしています」

第2章 英文ビジネスレター/Eメールの仕上がりイメージ
 (1) 通信文サンプル
  *頼れる知識1: 英文と和訳について
  *頼れる知識2: ビジネス文章にオリジナリティはいらない
  *頼れる知識3: 「ネイティブチェック」を信じていいか?
(2) 通信文の体裁(フォーマット)
  (a) 主題/件名(Subject)
  (b) 敬辞(Salutation)
  (c) 本文(Body)
  (d) 結辞(Complimentary Close)
  (e) 署名欄(Signature Block)

[付録] プラクティカルなスキルを身に付ける勉強法
(1) 何を身に付けたいのか
  ・何ができるようになりたいか
  ・やってはいけないこと(やってもスキルが身に付かないこと)
(2) どうやって勉強するのか
  ・中学英語を使えるようにする
  ・ビジネス通信文を書く練習

重版等で価格が変更になる場合があります。