研究社 WebShop
新刊近刊ジャンル50音掲載書目リスト雑誌研究社TOP
詳細検索


 
『タイポグラフィ・ハンドブック』

欧文書体・組版(タイポグラフィ)のすべてが分かる

小泉 均

ISBN 978-4-327-37732-8 C2070
定価4,104円(本体3,800円+税)
四六判 ビニール装 函入り 496頁
刊行年 2012年6月
NDCコード 727

【関連商品】図説 サインとシンボル世界の文字と記号の大図鑑

本書は、普段よく目にする多くのフォントがどう使われてきたか。そして、
どう使うと効果的か、などといったことをきちんと手際よく教えてくれるハンドブックです。
これまで勘や感性だけで組んでいたものに、「理屈」をプラスする便利な一冊。


<著者紹介>
小泉 均(コイズミ・ヒトシ) グラフィックデザイナー、タイポグラファー、元長岡造形大学教授。1990年から1993年にかけ、スイス・スタイルの戦後のデザイン教育を継承していたBasel高等デザイン学校のグラフィック・アドヴァンスト・クラスで、Wolfgang Weingartに師事する。帰国後、新潟県の長岡造形大学創設の際、視覚デザインコースを立ち上げる。2000年から2001年にかけてはスイスでECTS:2の正規のクラスを持ち指導に当たる。1997-1998年、美術出版社の隔月刊雑誌「デザインの現場」の連載を担当。それを単行本『タイポグラフィの読み方』(美術出版社)としてまとめ、2000年に出版。2002年、桑沢デザイン研究所夜間部で社会人中心のエディトリアル・デザインの授業を行なう。さらに2009年、レタリング・タイポグラフィも担当。現在、せんだいメディアテークやAppleStoreなどでトークショー、昭和女子大などで特別講義を不定期で行なう。

第1章: Alphabet (アルファベットを見る力と各グリフの特徴と名称)
  カーブを見る力
  カウンターを見る力
  グリフ
  分類法
  エレメントの名称
  ローマン体と変遷
  抑揚とセリフ
  サンセリフ書体の変遷
  ターミナルのカットの角度
  ヒューマニストのあり方
  幾何学的なモダニズム
  スクリプト書体
  ブラックレター書体
  タイプライター書体
  ステンシル書体

第2章: Characters (タイポグラフィに関係する人々と組見本の比較)
  タイポグラフィの重要人物
  組見本53書体
  パングラムとイソグラム

第3章: Treatments (アルファベットを組むための基本的な仕組みと方法)
  スケールと単位
  文字のサイズ
  ポイント尺
  ユニットとセット幅
  スペースとインテル
  レタースペース
  スペーシングの視覚調整
  微細なスペーシング
  ワードスペース
  ハイフネーション
  ジャスティファイド
  ラギッド
  センタード
  行間
  組幅
  行送りの相互調整
  字数計算チャート
  アルファベットレングス
  活字調整表
  パラグラフ
  文字の差異のつけ方
  見出しの階層
  大文字の扱い方

第4章: Format (本文組の基本的な考え方とページレイアウト)
  貴金属比
  フィボナッチ数
  アスペクト比
  ブックフォーマット
  版面の決定
  ノンブル位置の決め方
  ページプロポーション
  グリッドシステムの基本
  グリッドの基準線に揃える方法
  マルチカラム
  カラムのコントラスト
  本文の流れ
  表組
  罫表組

第5章: Technology (文字の発展と技術的なプラットフォームの変革)
  タイムライン
  活字彫刻機
  自動活字鋳造植字機
  写真植字
  タイプライター
  セレクトリックタイプライター
  フォントファミリー
  ビットマップフォント
  アウトラインフォント
  テフ/メタフォント
  オプティカルサイズ
  ウェブフォント
  ランダムフォント
  アイコン
  キー配列
  アスキーとキーコンビネーション

第6章: Bilingualism (アルファベットと和文の文字との関係と可読性)
  基準線/並び線
  ハイトによる差別化
  大きめにみえる書体
  視覚的対等化
  日本語組版の基本
  日本語グリッド
  ヨコ組用かなとタテ組用かな
  混植の相対的な位置
  タテ組混植の相対的な位置
  タテ組の基盤
  漢字とかなのエレメント
  フトコロと大きさ
  漢字の性格
  かなレングス
  和文組版の禁則
  行末調整
  可読性
  タイポグラフィックマトリックス

第7章: Standards (媒体の規格とふさわしいものを選ぶための知識)
  国際規格のペーパーサイズ
  アメリカのペーパーサイズ
  日本特有の規格サイズ
  海外特有の規格サイズ
  国際規格の封筒サイズ
  アメリカの封筒の機能
  日本の封筒規格サイズ
  端物印刷の規格サイズ
  封筒の構造と名称
  レターヘッドの折り方
  和封筒(タテ書き) に適した折り方
  日本の洋封筒(ヨコ書き) に適した折り方
  洋封筒(ヨコ書き) に適した折り方
  C 列の封筒に適した書類の折り方
  郵便物宛名面の配置
  C 列のためのタイポグラフィ
  窓つき封筒
  レターヘッドのタイポグラフィ
  カードのタイポグラフィ

第8章: Glossary (タイポグラフィ用語、書体名、企業体名のリスト)
  タイポグラフィの専門用語
  主な書体名リスト
  主なフォントパブリッシャーと組織のリスト
  タイプフェイスの知的所有権

重版等で価格が変更になる場合があります。