研究社 WebShop
新刊近刊ジャンル50音掲載書目リスト雑誌研究社TOP
詳細検索


 
頂上制覇 TOEIC® テスト 究極の技術(テクニック) シリーズ
『頂上制覇 TOEIC® テスト リーディング Part 7 究極の技術(テクニック) [BOOK 4]』

自分の限界を超えろ! リミッターを外せ!

ロバート・ヒルキウィットロック慶子相澤俊幸トニー・クックガレス・モンティース

ISBN 978-4-327-29104-4 C1082
定価2,592円(本体2,400円+税)
A5判 並製 2C刷 326頁+別冊106頁
刊行年 2013年6月
NDCコード 830

【関連商品】頂上制覇 TOEIC® テスト リスニング Part1&2 究極の技術[BOOK1]頂上制覇 TOEIC® テスト リスニング Part3&4 究極の技術[BOOK2]頂上制覇 TOEIC® テスト リーディング Part5&6 究極の技術[BOOK3]頂上制覇 TOEIC® テスト 究極の技術 トリプル模試頂上制覇 TOEIC® テスト スピーキング/ライティング 究極の技術

【頂上制覇 TOEIC® テスト 究極の技術(テクニック) シリーズ】
TOEIC® の頂点を極める全6巻、ついに完成
良質のTOEIC® 問題を解きまくれ! 満点ホールダーたちの技術を極めろ!
本シリーズで、TOEIC® テスト完全制覇をめざせ!

「TOEIC® の神」ロバート・ヒルキが満を持して放つ究極のTOEIC® テスト対策シリーズ。
ロバート・ヒルキが日本での長年のTOEIC® 指導をもとに書き下ろしたリアルな問題を合計7テスト分収録
(BOOK 1〜4各巻に4テスト分+「トリプル模試」)。 
TOEIC® を知り尽くした「満点ホールダー」講師たちによる究極の解説も満載。


 TOEICテスト全体の約4分の1を占めるPart 7 問題。そしてその問題は最近さらに難化しつつある。合計48問の問題を限られた時間内で読み解き、全問正解するにはどうしたらいいか? タイム・マネージメント、速読、そして集中力。ロバート・ヒルキが日本での長年のTOEIC指導歴をもとに書き下ろした、至高の問題全192問。 そしてウイットロック慶子&相澤俊幸のTOEIC990点満点講師2人が、完全解説。さらに、伝説のTOEIC 研究者「あ〜る」こと藤井久高の「Part 7 これを確実に獲れ!」も収録!
 長文問題を読むことから逃げるな! TOEICの頂点に立て!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 TOEIC®テスト最後の難所Part 7を攻略するための、新たな聖典(バイブル)が誕生!「頂上制覇」シリーズは 、“TOEIC®の神様” ロバート・ヒルキ先生の30年に及ぶ研究活動の集大成であり、必読の書です。
 清涼院流水(作家)  
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

*2016年5月の公開テストから導入される新形式問題で、Part 7(読解問題)の変更点は以下の通りです。

●読解問題(Part 7)で、文書内に新たな一文を挿入するのに最も適切な箇所を選ぶ問題が出題されます。
●テキストメッセージやインスタントメッセージ(チャット)、オンラインチャット形式で複数名がやり取りを行う設問が加わります。
●読解問題で3つの関連する文書を読んで理解する設問が加わります。→最後の3セット、すなわちQuestion 186-190, 191-195, 196-200に出題されると思われます。
●読解問題の設問数(1つの文書、複数の文書)が増えます。→single passage問題28問が29問に、double passage問題20問がdouble passage 10問+triple passage 15問になります。
●文書中で書き手が暗示している意図を問う設問が加わります。

以上の変化はありますが、Part 7もsingle passage, double passageとも従来の問題が多く出題されますので、『頂上制覇TOEIC® テスト リスニングPart7 究極の技術(テクニック)[BOOK 4]』を引きつづきご利用いただけます。
 本書はPart 7の問題が4テスト分192問収録し、難化傾向にある同セクションの問題にも十分に対応しています。ぜひ本書の問題を繰り返し解いて、Part 7のスコアアップをはかってください。



<著者紹介>
ロバート・ヒルキ (Robert Hilke)  企業研修トレーナー。元国際基督教大学専任講師。University of California 大学院修了(言語学)。異文化研修およびTOEIC, TOEFL, GRE など、テスト対策のエキスパート。各試験対策講座を国際的な大企業向けに年間約250 日行なう。TOEIC 関連セミナーでの教授歴は20 数年間におよぶ。「TOEIC 200 点アップ請負人」としてメディアにも頻繁に登場、TOEIC 対策の第一人者として、多くの受験者の信頼を集めている。TOEIC 関係の著作は70 冊以上。TOEIC テストは、旧バージョンから何度も受験し、その傾向・特徴を日々、分析している。ただ満点を連発するのではなく、毎回目標得点を決めて、それに限りなく近い点を狙いつつ、日本人の視点でTOEIC テストを全方向から研究している。『新TOEICR テスト 直前の技術』 『 新 TOEICR テスト 「直前」模試3回分』(アルク)は、TOEIC 受験者のバイブルとなっている。


重版等で価格が変更になる場合があります。