研究社 WebShop
新刊近刊ジャンル50音掲載書目リスト雑誌研究社TOP
詳細検索


 
頂上制覇 TOEIC® テスト 究極の技術(テクニック) シリーズ
『頂上制覇 TOEIC® テスト リスニング Part 1&2 究極の技術(テクニック) [BOOK 1]』

TOEIC® 耳を作り上げろ! リスニング問題を極めろ!

ロバート・ヒルキ上原雅子トニー・クック

ISBN 978-4-327-29101-3 C1082
定価2,268円(本体2,100円+税)
A5判 並製 2C刷 CD2枚付 216頁+別冊36頁
刊行年 2013年6月
NDCコード 830

【関連商品】頂上制覇 TOEIC® テスト リスニング Part3&4 究極の技術[BOOK2]頂上制覇 TOEIC® テスト リーディング Part5&6 究極の技術[BOOK3]頂上制覇 TOEIC® テスト リーディング Part7 究極の技術[BOOK4]頂上制覇 TOEIC® テスト 究極の技術 トリプル模試頂上制覇 TOEIC® テスト スピーキング/ライティング 究極の技術

【頂上制覇 TOEIC® テスト 究極の技術(テクニック) シリーズ】
TOEIC® の頂点を極める全6巻、ついに完成
良質のTOEIC® 問題を解きまくれ! 満点ホールダーたちの技術を極めろ!
本シリーズで、TOEIC® テスト完全制覇をめざせ!

「TOEIC® の神」ロバート・ヒルキが満を持して放つ究極のTOEIC® テスト対策シリーズ。
ロバート・ヒルキが日本での長年のTOEIC® 指導をもとに書き下ろしたリアルな問題を合計7テスト分収録
(BOOK 1〜4各巻に4テスト分+「トリプル模試」)。 
TOEIC® を知り尽くした「満点ホールダー」講師たちによる究極の解説も満載。


 ますますむずかしくなりつつある最近の Part 1 & Part 2 問題。 「受動態+現在進行形」(Part 1)、 「平叙文の問いかけに対する答え」(Part 2)など、上級者も間違えてしまう問題を満載。 TOEIC 4 技能満点 (LR990点、SW200/200点) ホールダー上原雅子が、難問の解き方を完全解説。さらに、「頂上制覇をめざす究極の例文」も多数収録!
 どんな音も聞き逃すな! Part 1 & Part 2 で40問正解をめざせ!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 TOEIC®テストのスコアを上げたい、英語のコミュニケーション能力を高めたい、そんな人にとって、「頂上制覇」シリーズはすばらしい学習ツールとなる。ロバート・ヒルキの問題と攻略法は、わかりやすく実用的で、類書にはないものだ! 本シリーズで、差をつけろ! 
 デイビッド・セイン(David A. Thayne)   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

*2016年5月の公開テストから導入される新形式問題で、Part 1(写真描写問題)とPart 2(応答問題)の変更点は以下の通りです。

●写真描写問題(Part 1)と応答問題(Part 2)の設問数が減ります。→Part 1は10問から6問に、Part 2は30問から25問になります。

 ですが、問題数が減っても、両Partを集中して学習することで、確実にスコアアップがはかれます。問題形式、内容は変わりませんので、『頂上制覇TOEIC® テスト リスニングPart 1&2 究極の技術(テクニック)[BOOK 1]』を引きつづきご利用いただけます。
 本書にはPart 1問題が40問、Part 2問題が120問収録されています。そして実際のTOEIC 問題形式と同じように、できる限り多くの国のナレーターの音声を収録しました。アメリカ男性、アメリカ女性、イギリス男性、イギリス女性、カナダ女性、オーストラリア男性、オーストラリア女性の合計10 名の音声で問題を朗読しています。ぜひ本書の問題を繰り返し解いて、Part 1と2のスコアアップをはかってください。


<著者紹介>
ロバート・ヒルキ (Robert Hilke)  企業研修トレーナー。元国際基督教大学専任講師。University of California 大学院修了(言語学)。異文化研修およびTOEIC, TOEFL, GRE など、テスト対策のエキスパート。各試験対策講座を国際的な大企業向けに年間約250 日行なう。TOEIC 関連セミナーでの教授歴は20 数年間におよぶ。「TOEIC 200 点アップ請負人」としてメディアにも頻繁に登場、TOEIC 対策の第一人者として、多くの受験者の信頼を集めている。TOEIC 関係の著作は70 冊以上。TOEIC テストは、旧バージョンから何度も受験し、その傾向・特徴を日々、分析している。ただ満点を連発するのではなく、毎回目標得点を決めて、それに限りなく近い点を狙いつつ、日本人の視点でTOEIC テストを全方向から研究している。『新TOEICR テスト 直前の技術』 『 新 TOEICR テスト 「直前」模試3回分』(アルク)は、TOEIC 受験者のバイブルとなっている。

重版等で価格が変更になる場合があります。